紫外線が引き起こすのは日焼けだけではない

日差しの強い日に外に出たりすると、肌が赤くなったり、ひどい時にはやけどのように水ぶくれになってしまったりすることもあります。
これは紫外線が引き起こす「日焼け」の状態のうちのひとつで、日差しを浴びた直後にこのような状態になることがよくあります。

 

紫外線といえば、すぐに頭をよぎるのが日焼けです。
日焼けは、紫外線の中でもUVBと呼ばれる、波長の比較的短いものの影響で、皮膚の表面に大きな影響を与えるものです。
そして、波長の長いUVAは肌の奥まで到達し、肌へダメージを与えます。
このときメラニンが過剰に分泌されるので、黒く変色し、UVBによる肌の赤みが落ち着いてくると、肌が黒くなってくるのです。

 

このメラニンの過剰分泌が実は日焼けだけでなく、くすみを引き起こす元となるのです。

 

紫外線によるくすみ 

 

紫外線を浴びて、メラニンが過剰に分泌されると肌が黒くなってきます。
肌は一定期間をかけて生まれ変わる、ターンオーバーを繰り返すので、次第にその黒くなった肌は表面へ押し上げられ、やがて剥がれ落ちていくことになります。

 

しかし、メラニンが過剰に分泌している場合、通常のターンオーバーで剥がれおちて消えていくということは難しく、消えなかったものが蓄積されていきます。
蓄積されていくと、長く肌が黒ずんだ状態が続いてしまいます。

 

さらに、肌の置くまで到達するUVAの影響により、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどを傷つけてしまうことから、たるみなどの状態を引き起こします。
そのような状態は、肌の正常なターンオーバーの妨げになるため、黒ずみはくすみとして残りやすいのです。