くすみに対する保湿の重要性

保湿は、くすみのケアや防止にとても重要なポイントです。
くすみの原因には、角質が厚くなる角質肥厚や、乾燥、血行不良、老化などの様々なものがありますが、保湿はどの原因のくすみにおいても重要なのです。

 

例えば、角質肥厚の場合、肌のターンオーバーの乱れから角質が分厚くなってしまっているので、角質がきちんとしたタイミングで剥がれるようにするには、普段から保湿をしておくことが大切です。
乾燥の場合も、もちろん保湿が重要になります。
乾燥はくすみ以外にも色々な肌トラブルの原因になるため、それを未然に防ぐ意味でも保湿をしっかりしておくことが重要なのです。

 

朝の保湿を疎かにするとどうなるか

 

くすみを防ぐには保湿がとても重要ですが、特に一日の始まりの朝の保湿は最も重要視されなければなりません。

 

もし、朝の保湿を疎かにして、ファンデーションなどを塗ってしまった場合、まず化粧のノリが悪い状態となります。
化粧のノリがもし悪くなかったとしても、それは長続きせず、化粧崩れが早くなります。
化粧崩れが早くなるということは、紫外線対策などにも影響があり、崩れた部分へ紫外線が届いてしまい、紫外線によるくすみを引き起こしてしまいます。

 

また、化粧崩れが目立たないとしても、夕方になるとなんとなく肌がくすんでくるような感じになってしまいます。
朝の保湿は、一日をキレイに保つためにもとても重要なポイントなのです。

 

実践したい朝の保湿方法

 

とても朝はあわただしいと思いますが、なるべく保湿の時間をとるようにすることが望ましいのです。
一番よいのは、朝、洗顔のあと、化粧水で肌を整えたら、シートマスクでしっかりと保湿してあげることです。
シートマスクは吸着性のよいものであれば、したまま他のことをすることができます。
動くと落ちてしまう場合などは、少し時間に余裕を持って、シートマスクをしましょう。

 

シートマスクができない場合は、保湿成分のセラミドの入った美容液・クリームなどを使用するとよいでしょう。
セラミドは、肌の水分をしっかりと閉じ込めてくれる役割があります。
化粧水や乳液などで保湿をしても、そのままではすぐに蒸発してしまい、乾燥を引き起こしてしまうことになります。
セラミドが配合された美容液やクリームを使用することによって、水分が逃げないようになるのです。

 

潤いがキープできれば、その上に重ねたメイクが崩れる心配も少なくなります。
朝は時間がないかもしれませんが、できるだけ保湿に時間をさいて、一日をキレイに保てるようにしたいですね。