くすみ対策は体の内側から

肌のくすみは肌の表面から保湿成分を与えることも必要ですが、体の中から対策をとることも非常に大切です。

 

年齢を重ねるとどうしても代謝が悪くなりがちです。
すると剥がれるべき角質がはがれずに残り、どんどん角質が厚くなる状態になります。
肌によい、代謝をよくする食べ物を摂取することで、肌のターンオーバーを促し、肌の調子を整え、肌の若返りを図ることができます。

 

血行や代謝をよくしてくすみを防ぐ

 

では、血行や代謝をよくして、肌のターンオーバーを促すにはどのような食材を摂取すればよいのでしょうか。

 

栄養素としては、皮膚の代謝機能を高め、内臓の状態もよくするビタミンA、体内でビタミンAに変換されるβカロチン、脂肪の代謝や血行をよくするビタミンBを積極的に摂るようにします。
ビタミンAを含む食材の代表的なものは、レバー、うなぎ、納豆、卵、チーズなどですが、これらは同時にビタミンBも豊富に含むため、ビタミンAとビタミンBを同時に摂取できます。
そして、βカロチンを含む食材は、にんじん、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜が挙げられます。
βカロチンは油とともに摂取することで体内への吸収率が上がるため、調理の際は油で炒めるなどしましょう。

 

乾燥を防いでくすみを防ぐ

 

くすみ対策としては、血行や代謝の対策も重要ですが、肌のためには肌の大敵である乾燥も防いでいきたいところです。

 

乾燥対策に効く栄養素としては、血行を促す栄養素であるビタミンA、ビタミンBも有効ですが、それに加えてビタミンEの摂取も効果的です。
ビタミンEは、抗酸化作用や血行促進作用があります。
ビタミンEを含む食材の代表的なものは、いわし、うなぎ、モロヘイヤ、かぼちゃなどが挙げられます。

 

くすみを防ぐにはバランスのとれた食事から

 

このように、くすみを防ぐために摂取するとよい食材は色々ありますが、それらを上手に取り入れつつ、バランスのとれた食事を心掛けることが大切です。
いくら体によい食材を摂取しても、それだけに偏ることのないようにしていきましょう。

 

くすみに効く食材を取り入れたバランスのよい食事、そして、十分な睡眠、適度な運動など、よい生活習慣を保つことで肌の健康を取り戻し、くすみを防ぐことができるのです。

 

くすみに効く食べ物を摂取しよう関連ページ

サプリメントを摂ってくすみ対策しよう