混合肌の特徴

混合肌とは、同じ顔の中でも、皮脂の分泌が多くべたつきがちな部分と、乾燥してカサカサになってしまう部分が同居している状態の肌のことをいいます。

 

正反対の状態が同居している状態になるので、皮脂の過剰分泌をケアするスキンケアを行うと、乾燥部分は乾燥しすぎてしまい、乾燥により肌の角質が厚くなってターンオーバーを妨げ、くすみの原因になります。
逆に、乾燥のケアをするスキンケアを行うと、皮脂分泌の多い部分はさらにべたつきがひどくなり、毛穴が詰まってしまい、毛穴の詰まりによるくすみを引き起こしてしまうのです。

 

混合肌のスキンケアの注意点

 

混合肌のスキンケアは単純に脂性肌や乾燥肌などのケアだけしておけばよいというものではなく、両方が同居している状態になっているため、複雑になります。
どちらかに偏ったケアは、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が非常に高いのです。

 

まず、自分の顔のどの部分がべたついていて、どの部分が乾燥しているのかをしっかりと把握することが必要です。
その上で、その部分部分に合ったスキンケアを実践していきます。

 

少し手間はかかりますが、2種類の正反対の肌性質が同居している以上は、手間を惜しまずにしっかりとスキンケアをすることがくすみを作らないことにつながるのです。

 

混合肌に合うスキンケア法

 

では、混合肌のスキンケアはどのように行えばよいのでしょうか。

 

まず、クレンジングです。
クレンジングは、化粧をした日は必ず行いましょう。
化粧をしない日でも、べたつきが気になる部分は朝でも夜でも行うと、過剰に分泌された皮脂を取り除くことができます。
クレンジングのポイントは、べたつきが気になるおでこや鼻などのTゾーンは念入りに行い、乾燥しやすい頬などはやさしく、でもメイクはしっかりと落とすことです。

 

そして洗顔も同じようにべたつきが気になる部分は念入りに、乾燥が気になる部分は、泡でやさしく洗うことが大切です。
念入りに洗う場合でも、決してこすりすぎないようにしてください。

 

化粧水はしっとりタイプを使います。
脂性肌でも保湿を行うことは、脂分とのバランスを整えるために必要です。
乾燥している部分はもちろん、皮脂分泌が多い部分もしっかりと保湿を行います。

 

乳液やクリームなどは、乾燥しやすい頬などのUゾーンと呼ばれる部分にだけ丁寧に塗ります。
代謝促進作用や抗酸化作用があるものや、保湿能力の高いものなどがよいでしょう。
くすみが気になる部分には、美白美容液を使用することも効果的です。

 

ファンデーションは紫外線から肌を守ることにもつながるため、肌への負担を最小限に抑えながら、薄めにつけるとよいでしょう。