乾燥肌と敏感肌は最も肌トラブルが大きい

肌の一番の大敵は乾燥です。
乾燥は、肌の様々なトラブルの原因となります。
くすみだけでなく、たるみ、シワ、しみなどを引き起こし、肌の老化を一層進めてしまうのも乾燥です。

 

紫外線などの乾燥を引き起こす要因に気を付けることはもちろんですが、常に乾燥しやすい乾燥肌や、様々な刺激に敏感になってしまう敏感肌の場合は、他の肌質の人よりも肌トラブルが起きやすくなります。
日頃のスキンケアや化粧品などにも一層気を遣う必要があります。

 

乾燥肌と敏感肌のスキンケアのポイント

 

肌トラブルが起きやすい乾燥肌と敏感肌のスキンケアのポイントは、乾燥を防ぐことと、肌への負担を最小限に抑えることです。

 

乾燥を防ぐには、乾燥を引き起こす紫外線を防ぐケアをしっかりと行うことももちろんですが、常に保湿を心掛けたスキンケアをすることが必要です。
また、肌への負担を最小限に抑えるには、化粧をできるだけ最小限にすること、化粧をしない日を作るなども必要です。
化粧は、するだけで肌への負担になるので、肌を休めてあげることも大切です。

 

乾燥肌と敏感肌の正しいスキンケア

 

では、具体的に乾燥肌と敏感肌のスキンケアはどのようにしたらよいのでしょうか。

 

まず、クレンジングです。
化粧をした日は、かならずクレンジングをします。
クレンジング剤は、水性のジェルタイプやクリームタイプを使いましょう。

 

次に洗顔です。
洗顔は、充分に泡立てて、泡で包み込むようにして行います。
手と顔の間に泡が常にあるようなイメージで、決して手で直接顔をこすることのないようにしましょう。

 

洗顔の際は、お湯を使用すると、洗顔後に急激に肌が乾燥してしまうため、できるだけぬるま湯(ひと肌程度)を使用します。

 

そして、化粧水や乳液、美容液等でしっかりと保湿を行います。
化粧水や乳液はしっとりタイプを使用し、さらに代謝促進作用や抗酸化作用があるものだとよいでしょう。
肌は乾燥すると、角質が固くなり、肌の代謝が悪くなるので、保湿をしながら代謝が促進されると肌の状態もよくなります。

 

肌に化粧水等をつける際は、肌をたたくパッティングは肌への刺激が大きくなるので、少量ずつ肌にしみ込ませていくイメージで、やさしく手で押さえていくようにしてください。

 

さらに、くすみが気になる目元や頬などには美白美容液などを丁寧にしみこませてあげましょう。

 

化粧については、しない日を設けることが望ましいですが、しなければならない日は、リキッドファンデーションに軽くおしろいなどを重ねるなど、乾燥に気を付けながら、厚塗りにならないような化粧を心掛けましょう。