脂性肌のトラブルとは?

皮脂の分泌が多く、肌がべたつきやすい脂性肌は、皮脂分泌が過剰になることが多く、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。
詰まった皮脂が酸化して過酸化脂質になると、肌にダメージを与えるため老化が進みます。
このように毛穴に詰まった皮脂により、毛穴の黒ずみとして現れ、それがくすみとなります。
それ以外にも化粧の油分と皮脂が混じりあい、肌にファンデーションが残りやすくなることから、汚れによるくすみもできやすくなります。

 

脂性肌の間違ったお手入れ

 

脂性肌の場合、どうしても皮脂をとることを最優先に考えてしまうため、間違ったスキンケアをしてしまっている可能性があります。

 

皮脂をとろうとするあまり、洗顔時にこすりすぎてしまうと、摩擦により肌がダメージを受け、くすみの原因になることがあります。
手で擦りすぎるのもよくありませんが、肌に優しいと言われている洗顔用のスポンジなどでも擦りすぎてしまうため、おすすめできません。

 

そして、保湿についても、脂性肌の場合は、肌がべたつくという理由からおろそかになりがちです。
しかし、適度に保湿をすることで、肌の脂分と水分のバランスが整えられるため、余分な皮脂の分泌を抑えることができます。
保湿をおろそかにすると、肌の乾燥を皮脂の分泌で抑えようとするため、逆に皮脂の分泌が過剰になり、肌がべたついてしまいます。

 

脂性肌の正しいお手入れ法とは

 

 

では、様々な要因による脂性肌のくすみを防ぐお手入れ方法はどのようなものでしょうか。

 

まず、クレンジングです。
クレンジングはメイクをしたときだけするものという意識でいる人がほとんどだと思いますが、脂性肌の場合、メイクをしなかった日も、朝起きたときにも、クレンジングをしたほうがよいでしょう
クレンジングをすることで、余分な皮脂を取り除くことができるからです。

 

次に洗顔です。
洗顔は、しっかり泡立てて、鼻やおでこなどは丁寧に洗い、目元や頬、口元などは泡でやさしく洗います。
皮脂が多い部分も、皮脂を落とそうと擦りすぎてしまうことは逆効果なので、やさしく洗うことが大切です。

 

そして、化粧水などでの保湿です。

 

化粧水は、さっぱり系のものを選び、しっかりと肌に浸透させるように、少量ずつをじっくり肌を押さえるようにしてしみ込ませていきます。
乳液はつけなくても大丈夫ですが、くすみが気になるところなどには美白美容液を使ってもよいでしょう。
保湿は、過剰な皮脂分泌を防ぐためにも大切です。

 

最後は、ファンデーション。
ファンデーションは、リキッドなどではなく、パウダーを選びましょう。
パウダーで厚塗りしないように、軽くつけるようにしましょう。

 

脂性肌のお手入れで大切なのは、汚れや余分な皮脂をしっかりと落としながら、適度な保湿をして過剰な皮脂分泌を防ぐことなのです。