紫外線が原因のくすみの状態

紫外線を浴びたことが原因でくすみとなってしまった肌。
顔全体がなんとなく色がくすんでしまい、鏡を見る度に気分まで落ち込みがちになりますよね。

 

紫外線が原因のくすみは、紫外線により過剰に分泌されてしまったメラニンが、肌のターンオーバーが上手くいっているにもかかわらず残ってしまう状態です。
もちろん、ターンオーバーが上手くいっていなければ、より長く残ってしまうことになります。
年齢を重ねていくと、ターンオーバーの乱れや乾燥、くすみ以外のたるみなどの肌トラブルにより、よりメラニンでくすんでしまった状態が改善されにくくなります。

 

くすんでしまった肌を元に戻すには

 

紫外線を浴びて発生したメラニンによるくすみは、どのようにすれば消えるでしょうか。

 

紫外線を浴びると乾燥も同時に引き起こされます。
なんとなく日焼けしたと思うようなときは、肌がつっぱるような乾燥してしまったような感覚があると思います。
肌が乾燥して角質が厚くなってしまうと肌のターンオーバーも上手くいかなくなるので、メラニンでくすんだ状態からの肌の改善を阻害します。
この状態から抜け出すためには、とにかく保湿が最重要となります。

 

保湿をしっかりとすることで、ターンオーバーを正常な状態にしてあげることができ、肌が上手に生まれ変わっていければ、メラニンでくすんだ肌も次第にくすみがとれていきます。

 

そして、体の内側からも、メラニンの生成を抑制する成分を摂取していくことで次第に肌のくすみがとれていきます。
成分としては、「ビタミンC」「ヒドロキシチロソール」「Lシスチン」「ナイアシン」などがあります。

 

「ビタミンC」・・・抗酸化力と活性酸素除去の成分を持ち、メラニンの生成を抑制したり、メラニンで黒ずんでしまった肌を元の肌色に戻していく効果がある
「ヒドロキシチロソール」・・・非常に高い抗酸化力を持つ成分で、ビタミンCよりもその効果が高いと言われている
「Lシスチン」・・・新陳代謝を高め、メラニンの排出を促す成分
「ナイアシン」・・・メラニンの生成を阻害する役目があると言われている

 

紫外線対策の落とし穴

 

紫外線は夏の日差しの強い日にケアするものという感覚がありますが、実は一年中ケアの必要があります。
さらに、室内にいても紫外線を浴びる可能性があります。

 

紫外線が最も強いのは5月くらいと言われています。
5月はまだ本格的に紫外線ケアをしていない人も多い時期ですよね。
しかし、このときに浴びた紫外線によりメラニンが過剰に分泌され、さらに夏の紫外線の時期にはいるので、さらにメラニンの分泌が続き、肌のくすみが出てきてしまうのです。

 

また、室内でも、窓越しでも紫外線の影響はあります。
特にくすみの原因になるUVAは窓からも侵入してしまうので、知らず知らずのうちに紫外線を浴びているということも起きうるのです。

 

「紫外線は夏だけ」という意識を改めて一年中紫外線ケアを心掛けていきましょう。