意外なくすみポイントは小鼻付近

小鼻はどんな場所なのか 

 

小鼻といえば、まず思いつくのが毛穴の汚れです。
毛穴が角栓で詰まりやすく、よくパックなどで取り除いたりすると思います。
毛穴の汚れも肌がくすんで見える一因ともいえますが、それだけでなく肌がくすんでいる状態ということも実はよくあるのです。

 

小鼻はその形状から、汚れがたまりやすかったり、汗がたまりやすいといった特徴があります。
そして、それを取り除くための洗顔の際、洗顔料を洗い残したりすることで、それが肌への刺激となってしまうこともあります。

 

 

小鼻のケアもやりすぎは禁物

 

小鼻というのはどうしても汚れや毛穴の詰まりが気になってしまうので、様々なケア用品が出ています。
例えば、貼ってはがすだけで角栓がとれるシートは、使って見ると確かにたくさん角栓がとれるので、つい何度もやってしまいますよね。
また、洗顔の際には、脂が気になる部分ではあるので、ゴシゴシと必要以上にこすったりしてしまいがちです。
うぶ毛の処理なども、カミソリで行うため、負担を伴います。

 

しかし、そのようなケアもほどほどに行っていればよいのですが、あまりやりすぎるとかえって肌に負担をかけ、その負担からメラニンが過剰に分泌されて黒ずみとなってしまうこともあります。
小鼻のケアは、優しく、やりすぎず、根気よく行っていくことが大切です。

 

 

小鼻のくすみを消し、キレイな状態に保つには

 

小鼻のくすみを消すには、汚れをとったりするケアももちろん必要ですが、それ以外にも小鼻の特徴をよく考えた肌ケアをしていくことで一度キレイにした肌を保つことができます。

 

まず、小鼻は汚れや汗がたまりやすいという特徴があります。
汚れを落とす際には、こすりすぎないこと、流し残しをしないことが重要です。
そして、汗がたまりやすいことで、塗ったはずの日焼け止めが流れてしまったり、汗を拭く際にとれやすく、何もしないと紫外線にさらされてしまうこともあるので、日焼け止めは他の箇所よりも頻繁に塗りなおす必要があります。

 

小鼻は肌への刺激や紫外線でくすみやすくなっているので、日常的にケアしてあげることが重要です。

意外なくすみポイント!小鼻がくすむ原因とは関連ページ

目元はなぜくすみやすいの?その原因とは
頬もくすみやすい場所のひとつ